うつ症状を良くする

悩むメンズ

何が症状なのか

「あまり寝つきがよくない」、「何となく食欲がない」、「疲れがとれずにいつもだるい」など、日々の生活の中でこのように感じることはありませんか。「よくあることなので気にしても仕方がない」、「ただ怠けているだけだから頑張るしかない」と日々気持ちを振るいたたせている方もいらっしゃるでしょう。しかし、このような状態が長期間続くと簡単に取り返しのつかない事態になってしまうこともあります。最初に挙げた事柄の全ては、うつ病の症状に当てはまります。うつ病とは、気分の落ち込み、興味・意欲の減退、睡眠障害、食欲不振、易疲労感、決断力の低下、自己評価の低下、希死念慮などの症状があり、これらの症状のいくつかが2週間以上続いていると判断された場合、診断がされます。うつ病の原因については、明確には分かっていませんが、脳内の神経伝達物質のバランスが乱れることにより症状が起こると考えられています。また、うつ病になりやすい方の性格傾向の1つとして、非常に真面目で何事にも手を抜かずに取り組むといったものがあります。これだけをみると、うつ病とは「真面目で信頼できる人がなりやすい病気」とも言えます。しかし、それが故に症状が生じていても「他の人に迷惑がかかる」、「自分が弱いのであって我慢するしかない」などと考えてしまい、症状が悪化してしまうことがしばしば見られます。症状が初期の段階では、十分に休養をとることや、リラックスできる時間を多く持つことで症状が改善される場合もあります。しかし、症状が重篤化すると、医療機関での長期に渡る治療や、入院を要する場合もあります。このため、うつ病とは「症状を軽視せずに、早めに対処を必要とする病気」であり、適切に病気を把握し、専門医療機関への相談をすることも大切になります。

医療機関では何をするのか

うつ病とは、早期の把握と対処が重要になる病気ですが、実際にはどこに相談をすればいいのでしょうか。うつ病の治療は、主に精神科や心療内科、メンタルヘルス科といった医療機関で行われます。医療機関では、初めに医師の診察にて、本人の悩みを聞いた上で、これまでの症状の経過や生活状況、身体疾患の既往、血液検査など各種検査などを行い、診断がなされ治療方針が決められます。うつ病の代表的な治療法として、薬物療法と精神療法があります。うつ病の薬物療法としては、主に抗うつ薬が用いられます。抗うつ薬とは、うつ病の症状に関わっているとされる神経伝達物質のセロトニンやノルアドレナリンに働きかけ、バランスを整えることで症状の改善を目指します。その他に、不安や焦燥が強い場合には、抗不安薬や抗精神病薬、睡眠障害が強い場合には睡眠薬などが併用される場合もあります。症状に合わせて薬は変更されていくため、薬の効果や副作用などが現れているかを医師とよく話し合うことが大切になります。うつ病の精神療法として、現在高い効果が確かめられている治療法としては、認知行動療法が挙げられます。認知行動療法とは、医師や専門カウンセラーと共に、本人の気分を不安定にさせてしまう考えや行動の癖を把握して、より柔軟で生活がしやすくなる方法を検討して実践していくというものです。例えば、うつ病の多くの方は強い責任感を持つあまり、「何事も成功しなければならない」、「誰にも迷惑をかけてはいけない」という信念を持っていることがあります。しかし、そのような考えに拘ることで強いストレスがかかってしまい、症状が悪化していると想定される場合には、本人にとってより過ごしやすく、有益な振る舞い方を検討していきます。そして、有効な対処法が見つかることで症状の改善に繋がっていきます。上記の2つの方法以外にも、症状により運動療法や高照度光療法などが用いられる事もあります。